一般違反行為について知ろう 

2015年4月24日 / 未分類

一般違反行為とは、交通違反によって処分が行われ、一定期間免許の取得ができない期間のことをいいます。また、この期間には特定違反行為と呼ばれるものもあり、両者は異なることに注意が必要です。まず、欠格期間とは、「運転免許取消処分」をうけた場合に、一定期間は運転に関する全ての免許を取得することができなくなる期間の事をいいます。この期間は交通違反の内容によってことなります。違反行為の例として、「信号無視」「スピード違反」「一次不停止」「シートベルトを着用していない」などがあります。このような違反行為を行ってしまうと処分が科され、免許の取得ができなくなってしまいます。一般違反での欠格期間の長さは免許停止処分を今までに受けたかどうかで変化します。免許停止の回数が0・1・2・3回以上で変化し、執行となる累計点数が変化するのです。違反行為における免許停止から回復するためには、取消処分者講習を受講する必要があります。この講習で取消処分者講習修了証をもらうことができ、免許再取得の権利を得ることができます。違反行為を行うと、運転免許の取り消しなどの処罰を受けてしまいます。免許再取得も大変なので、運転には注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る