人間の能力と運転の癖

2015年4月24日 / 未分類

車を運転する場合は総合的な能力が必要ですし、視力の低下や集中力が欠かせませんから、年齢と共に衰えは発生して避けられないので、事故を発生させない心掛けが重要です。
疲れたままで運転を行うと集中出来ませんし、睡眠不足では事故の危険性は大幅に高まるので、疲れや眠気を感じた場合は車に乗らない事が大切ですから、無理をしない事が求められます。
スポーツを経験していると反応速度は上昇しますから、運転中の反応が良くなるので、年齢に関係なく定期的なスポーツを行う事が役立ちます。
利き手が有る様に足にもあるので、左右の手足で意識の向かい易さは異なりますし、癖があると使い方に違いが生まれますから、常に意識を行い癖を矯正する必要があります。
目の使い方にも癖はありますから、中心を意識して左右を均等に見る事が大切で、どちらから飛び出しがあっても対応出来る事が欠かせませんし、事故を避ける訓練が自らも守ります。
空間認識も年齢に衰えますし、距離感の把握や車の大きさの実感も変化しますから、駐車を行う場合に支障があるので、車を右折や左折して曲げる場合は特に注意を行います。
アクセルとブレーキの踏み間違いも初歩的なミスですから、事前に確認を行い踏み込む意識が必要です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る