認知、判断、操作の重要性

2015年4月24日 / 未分類

車を運転するにあたり三つの段階があります。
一つ目は認知で目で認めて頭で理解する事です。人間が自然に日頃からしている事なので当たり前の事ですが運転する場合はこれが遅れる事でほとんどの事故が起きていると言っても過言ではありません。視野を広く持つために一ヶ所を継続的に見るのではなく複数の場所を断続的に見ることで沢山の情報を頭に入れることが大切です。死角等の見えづらい場所も自分の身体を動かして見るようにすると効果的です。
二つ目は判断で目で見た情報を理解してどの様に車を操作するか判断します。当然ですがこの段階での選択を間違えると事故に直結する場合があります。しかし経験値がものをいう所でもあるので運転経験の浅い方は特にゆとりを持った運転が必要といえます。因みに飲酒運転が禁止されているのも正しい判断ができなくなる為です。
最後に操作で実際に車を動かします。操作ミスでの事故はブレーキとアクセルの踏み間違えて壁や前の車に追突する等の事故があてはまります。これは運転に集中できていない場合に見られますので運転する際は運転だけに集中する事が必要です。
三つのの段階を説明しましたが全て重要な事で車を運転するにあたり欠かせないものですので十分に心得ておくことが必要でしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る