初心運転者期間制度の内容

2015年4月24日 / 未分類

初心運転者期間制度とは、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許、普通免許のいずれかを取得後、免許が有効な1年間を初心運転者期間とよばれ、この期間に1点または2点の違反の合計が3点を超えるような交通違反をおかした場合、自動車教習所で行われる初心運転者講習を受講するか運転免許の再試験を受けて合格しなければ運転免許が取り消されるという制度です。運転免許を取得後に違反の合計が3点に達して初心運転者講習を受講して免許を継続した後、この期間中にさらに合計3点の違反があった場合には再試験を受けて合格しなければ運転免許が取り消しとなります。本制度により免許が取り消しとなった場合には再度免許を取得するための欠格期間は定められていません。初心運転者期間の計算方法ですが、期間中に新たに別の免許を取得した場合、例えば原付免許の初心運転者期間中に新たに普通二輪免許を取得したようなケースでは、原付免許については期間が終了、新たに取得した免許について1年間が初心運転者期間となります。かつて運転免許を取得して初心運転者期間を過ぎた後に免許の失効若しくは取り消されてから再度免許を取得したような場合には、免許取得直後であっても初心運転者期間にはなりません。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る